アナウンサーになるには?



アナウンサーになるには?
アナウンサーになる方法はいくつかありますが、もっとも一般的なのは、大学在学中、または卒業後にアナウンサー学校、養成学校などでアナウンサーとして必要不可欠な「発声・発音・アナウンス技術」などを学び、各放送局の就職試験に合格する方法です。


またアナウンサーには「一般常識に関する教養・時事問題・スポーツ・文化・芸術・芸能」など、幅広い分野の知識が求められますので、日頃からさまざまな情報についてアンテナをはっておかなければなりません。




 アナウンサー学校・養成学校



アナウンサー学校、養成学校は日本ではそれほど多くなく、また主要都市にしか学校がありませんので、アナウンサーになりたい場合は、「東京・大阪・福岡」などの都市圏で生活することが必要かもしれません。


もちろんアナウンサー学校、養成学校によって特色は異なり、地上波キー局、地方局への就職を目指す方をサポートしてくれる学校(コース)や、結婚式、各種イベントなどで活躍する人材を育成する学校(コース)などさまざまですので、自分が目指す学校(コース)を選択しなければなりません。




 アナウンサーの就職先



アナウンサーは以下のような放送局へ就職して働いています。


・地上波キー局
・地方局
・ケーブルテレビ(CATV)
・ラジオ局




上記以外にも、テレビ番組の制作プロダクション、アナウンサーのプロダクション、芸能プロダクションなどに所属して
フリーアナウンサーとして活動するアナウンサーも多く、放送業界だけではなく、「結婚式・コンサート・各種イベント」などの司会を中心に活動しているアナウンサーも増えています。